--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/09/06

デフリンピックに関する小池知事の不思議発言報道についてのメモ

小池都知事はパラリンピックの内容を理解していないのではないか?ってお話 - 世界はことばでできている

デフリンピック(聴覚障害者のスポーツ世界大会)とパラリンピックは全くの別物で、パラリンピックに聴覚障害部門は無く、2020年東京大会にデフリンピックメダリストが参加することは無いのだが小池東京都知事はそれを知らないのではないか、また記事を書いた読売新聞も都知事と同じ勘違いをしているのではないかというお話。

上記ブログでは読売新聞にこの件を連絡し、都知事の「3年後の東京でメダルにつながることを期待している」という趣旨の発言が間違い無くあったと回答を得たとのこと。また記者の方もデフリンピックについてやはりよく理解してない様子だったらしい。

なかなか興味深いと言っちゃ悪いが、他社の報じ方はどうなのかとか気になってきたのでちょっと調べてみた。



デフリンピック - Wikipedia

まず基本情報。 パラリンピックの前身が1960年初開催なのに対し、デフリンピックは1924年とずっと歴史が古い。オリ・パラと同じくデフリンピックも夏季冬季それぞれ4年に1度なのだが、年も開催地もオリ・パラには合わせていない。今年2017年トルコのサムスンで開催された次の夏季大会は2021年で、場所は未定である。(冬季は2019年。ウィキペディアには開催地がトリノと書いてあるが、公式HPではまだ未定とされていてソース不明。)

というわけで、デフリンピアンに「3年後の東京でメダルにつながることを期待している」と激励したことが事実ならば、都知事がパラリンピックとデフリンピックを混同している可能性が非常に高いし、何の突っ込みもなく発言をそのまま載せてしまった読売新聞も読者に誤解を与えている。

対する競泳・藤原慧選手の「2020年東京大会に向けていい弾みがついた」という返答も何だか変な感じである。都知事はまだしもまさか選手自身が勘違いしているとは思えないが…。


デフリンピック 東京都ゆかりのメダリストを表彰 | NHKニュース

こちらは天下のNHK。読売と比べると内容がやや詳しい。知事のコメントは「障害を抱えながら世界で戦う皆さんを誇りに思っています。応援しているので、さらに頑張ってほしい」と問題の部分はスルーされている。これはさすがの英断なのかたまたまなのか。

藤原選手のコメントはこちらは「3年後の東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて貢献したい」となっていて、読売と微妙に違う。両者が同一の発言なのかは分からないが、これならスポーツ界全般を盛り上げたいとの趣旨として納得できる。読売の「弾みがついた」というのも、そんなような意味に取れなくもない。まあそれを言ったら都知事の「東京でメダルにつながることを期待」もそういう意味として好意的解釈も不可能ではないが。


聴覚障害者の大会デフリンピック12選手 メダリストに都民スポーツ大賞:東京新聞(TOKYO Web)

東京新聞。こちらは東京大会云々の話は無く、全く無難な記事である。


デフリンピック金に都栄誉賞 - 産経ニュース

代表で手話を交えながら謝意を述べた山田選手は「知名度が低いデフリンピックを全国の皆さんに知っていただけるように頑張りたい」と東京大会に向けて意欲を新たにした。

おいおいこれは。都知事発言は回避できたのに、選手コメントに「東京大会に向けて意欲」と余計な一言。都知事と読売のみならず、産経新聞の記者もどうやら同じ勘違いをしているようだ。これではデフリンピックの知名度向上を願った山田選手のコメントもむなしい。


第23回夏季デフリンピック大会メダリスト表彰式を開催|東京都

都のHPにはまだ表彰式をこれからやりますという告知までしか載っていない。ここにはデフリンピックについての丁寧な説明のページもあり、中の人は(当たり前だが)ちゃんと分かっている感じがする。

今後ここでどういうプレスリリースが出るか、続報あり次第更新するという冒頭ブログ記事と合わせて期待しておきたい。

スポンサーサイト

コメント



非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。